相談しながら家やビルといった不動産を修繕する

ピックアップ

工事にかかる費用

ビルやマンションの大規模修繕工事を行うことで、新築同様の状態に仕上げることが出来ます。また、依頼の前に見積もりが重要になるので、多くの時間を確保しておくことが重要であると言えます。

地震の対策をすることは安全性のためには重要です。耐震素材グラウトであればその対策ができるので活用したいところです。

進化している

太陽光発電にも様々な種類がありますが、企業が注目しているのは、産業用太陽光発電です。これは一般的な電気代を比較した場合驚くほどの節約ができるのでとてもメリットが大きいのです。

マンションの大規模修繕をお考えならこちらに相談してみましょう。設計管理方式なら工事費用の負担を減らすことができますよ。

倒壊しない為に

グラウド工事は薬剤の量を守ることで、しっかりと地盤を補強することが出来ます。地盤が弱いところに住宅を建設する場合はグラウド工事をすることで、建物の倒壊を防げる可能性が高くなります。耐震をすることが出来るでしょう。

集合住宅等の大規模修繕を神奈川で業者に依頼するならコチラがおすすめです!長年の実績があるので安心しておまかせできます!

» もっと読む

事故を防ぐ

解体工事は、ハードな作業があります。作業中には多くの危険が伴うでしょう。作業者は、そういった事に気をつけながら遂行する必要があるでしょう。依頼者は、解体する建物の規模によって変動する、工事費を支払う必要があります。

電力コスト削減のために太陽光発電を愛知で産業用に導入する際はぜひコチラへどうぞ!設置後も安心の保証があるので、おすすめです!

» もっと読む

種類を知る

ビルの大規模修繕工事の種類について

ビルは築後10年程度経過すると、経年による劣化が目立ってきます。ビルの所有者は、設計管理者が立案した計画に基づき、定期的に大規模修繕工事を行うことが必要になります。 大規模修繕工事には、外壁等塗装工事や防水工事、シーリング工事などがあります。これらの工事の具体的な内容は、設計管理者がチェックを行い、工事内容が決定されます。 外壁等塗装工事は、築後10年から12年程度で行われます。外壁や屋根などを塗装することによって、ビルの美観が向上します。防水工事も、築後10年から12年程度経過した時点で行われます。ビルの防水工事は、塔屋屋上やエレベーター機械室屋上などを対象に実施されます。シーリング工事は、築後10年から12年程度で実施されます。

ビルの大規模修繕工事と類似する工事について

ビルの大規模修繕工事と類似する工事に、分譲マンションの大規模修繕工事があります。分譲マンションの大規模修繕工事は、管理組合が設計管理者と相談して、修繕計画を策定したうえで実施されます。 分譲マンションの大規模修繕工事の内容は、基本的には、ビルの大規模修繕工事と同じです。工事の具体的な内容は、設計管理者と相談のうえ決定されます。工事代金は、修繕積立金を取り崩して支出されます。 主要な工事としては、長期修繕計画に基づき、約10年毎に外壁塗装工事や防水工事等が行われます。外壁塗装工事の費用は、一世帯当たり60万円から80万円程度になります。タイル貼りの外壁の塗装工事の費用は、一世帯当たり100万円程度になります。