相談しながら家やビルといった不動産を修繕する

倒壊しない為に

グラウト工事の注意点

グラウト工事は、地盤補強をする時によく行われる工事です。グラウト工事は地盤に薬剤を注入するため、注入する薬剤の量を厳守することが極めて大事です。薬剤の注入量については、専用の計算式がありますので、きちんと計算してから適量を注入することが必要です。 注入する薬剤の量が多すぎても少なすぎてもいけません。適量を守らなかった時には、地盤補強をすることができずに、建物に被害が及ぶ可能性があります。 モルタル補修の際にグラウト工事を行う時には、劣化した部分を除去することが必要になります。劣化した部分が残った状態で薬剤を注入すると、接着強度が低下してひび割れを起こす場合があります。過剰に塩分が染み込んだコンクリートも除去することが必要です。

地盤補強工事の豆知識

軟弱な地盤の上に建築物を建てると、地震が起こった時に建物が倒壊する恐れがあります。軟弱地盤の上に建物を建築する時には、地盤補強工事や地盤改良工事を行うことが必要になります。 グラウト工事は地盤補強工事の代表的な工法です。グラウト工事を施工すると、軟弱地盤を強化することができます。ほとんどの地質の地盤に対して施工可能ですので、あらゆる土地の上に建物を建てることができます。 グラウト工事は、コンクリート構造物の補強を行う際にも実施されます。コンクリート造の建築物が強固になりますので、建物の耐震性や安全性を高めることに貢献します。 グラウト工事は、塩害の被害を受けた建築物の補修工事の際にも施工されています。