相談しながら家やビルといった不動産を修繕する

事故を防ぐ

解体工事の依頼するための注意点

解体工事は一見簡単そうに見えますが、事故やトラブルが多いので注意が必要です。よくあるケースが解体する時に壁が計画と反対側に倒れて下敷きになるケースです。壁を引っ張りながら解体するわけですが、計画通りの施工を行わないケースで発生します。また、解体工事中に解体による埃を近隣にふりまいてしまうことがあります。近隣の建物や車に埃がつくので洗浄するのが大変です。養生シートを十分にして解体工事にとりかからなければなりません。たまにではありますが、解体工事のための油圧式機械の油を飛散させてしまうことがあります。油が付くとその清掃には手間とコストがかかります。解体工事のために足場を組みますがこれをばらす時にも事故が多いので注意が必要です。

工事を依頼する時には施工方法を確認したうえで金額を決める

解体工事にはいろいろな施工方法があります。施工方法によって工事費には大きな差が出ることがあります。したがって解体業者には工事方法とその時にかかる見積もり金額を確認することが必要です。施工方法においては充分近隣との関係を考慮した計画であるかが重要です。近隣から絶対クレームが来ない方法にすることが大事です。コストを下げようとすると施工方法に無理が出るので相応の金額を払うことが必要です。解体足場を組みばらしたり、養生シートを設置することは最小限のことです。解体工事の周辺は常に清掃をしてきれいにしておかなければなりませんし、風の強い日には工事を中止することも検討しなければなりません。水を撒くことは常識です。