相談しながら家やビルといった不動産を修繕する

進化している

多様化する産業用太陽光発電

クリーンなエネルギーとして注目されている太陽光発電ですが、産業用太陽光発電が今人気を集めています。産業用太陽光発電は、光熱費の節約になる、作った電気を20年間固定価格で売電できる、太陽光発電導入費用を初年度で全て償却できる、固定資産税が3年間2/3になる、非常時用電源の確保になるなど多くのメリットがあります。そのため導入を検討しているという企業も多いと思います。また、太陽光発電システムの性能アップや制度の整備により、メガソーラーのように広大な土地に設置するものでなくても、採算がとれるようになってきたため、中規模の土地への設置が今後増えていく見込みです。設置場所も屋上、窓、天窓、壁面など、今ある建物を活かす形で設置できる商品が出てきているので導入の敷居は低くなっています。

導入前にはきちんとシミュレーション

メリットの多い産業用太陽光発電ですが、20年間の長い投資になるのでリスクも伴います。導入前にはしっかりシミュレーションを行なって、無理のない計画かチェックすることが大切です。導入費用だけではなく、メンテナンスの費用もかかってくるので、考慮に入れておく必要があります。産業用太陽光発電システムは住宅用に比べると規模が大きく初期費用は高額です。販売施工業者によって価格は異なるので、見積の比較は必須です。最近では優良な太陽光発電システム施工業者を紹介して見積をとってくれるサービスも出てきています。見積書の見方も教えてくれるので納得して選ぶことができます。このようなサービスを利用してトラブルなく導入できるようにしましょう。